11月5日(土)晴 国交省へ要請書

きのう、国交大臣と河川分科会長あてに、要請書を郵送した。
そのあと、みんなの会代表の山下信良さんと徳島市議の村上稔さんと、
県庁で記者会見をした。ずいぶんたくさんの記者さんが来ていた。
以下はその要請書の全文である。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2005年11月4日
国土交通大臣 北側一雄 殿
社会資本整備審議会河川分科会会長 西谷剛 殿

NPO法人吉野川みんなの会
代表理事 山下信良
吉野川シンポジウム実行委員会
代表世話人 姫野雅義

吉野川水系河川整備基本方針に関するデータ等の開示要請書

平素の河川整備へのご尽力に敬意を表します。 
さて、今般国交大臣は,吉野川水系河川整備基本方針の原案を作成され,10月26日には河川分科会においてこれが了承されました。
私達は,長年よりよい吉野川のあり方を考えてきた吉野川流域の住民団体で,さる9月26日の基本方針検討小委員会に際しては,新しい科学的知見をもとに,基本高水の見直し等を要望したところです。
この科学的知見は,河川整備基本方針の議論に生かすために,住民たちが資金を出し合い,徳島市が予算支出をして,学者グループ吉野川流域ビジョン21委員会に研究委託をした研究成果であり,基本高水など重要な点において,このたび了承された基本方針案とは大きな違いがあります。
一方,基本方針案を審議した河川分科会には,私たちの知る限りでは方針原案を裏付けるデータはほとんど提出されておらず,どのような根拠に基づいて審議,了承することができたのか,理解に苦しむところです。
そこで,審議の透明性と公開性を高め,流域住民が納得できる検討過程となるよう,別紙質問事項のデータ開示請求にお答えいただきく要請するものです。

なお,ご回答は,11月18日までにお願い申しあげます。


別紙 質問趣旨と質問事項

1 吉野川ではこれまで13年間にわたって,住民と行政が第十堰可動堰化計画の科学的議論を行ってきた。河川事業として,日本初の住民投票も実施された。

More
[PR]
# by himenom | 2005-11-05 10:40

10月27日(木)晴 第十堰の扱いに変化?(河川分科会その2)

  きのうのブログで,昨日の河川分科会を「わずか1時間足らず」と書いたら,「いや45分だ」と指摘された。そうかもっと短かったのだ。 さらに 「ひどい審議会だったが,第十堰が障害物である,と明記されなかったのがせめてもの救いだった」 との傍聴者の感想を聞いて 「だけど姫野さんは,13日付の朝日新聞私の視点で 『第十堰を治水上支障となる固定堰だと位置づけ』たと言ってるぞ。いったいどっちなんだ」 という質問がきた。

 問題の箇所にはこう書かれている。
「さらに,治水上支障となる既設固定堰については,必要な対策を行い,計画規模の洪水を安全に流下させる」

  9月26日の小委員会の議論は,固定堰一般ではなくあきらかに第十堰に集中していた。河川局の説明資料も第十堰のみであった。また旧工事実施基本計画では,第十堰の可動堰化計画のことを”既設固定堰の改築”と記してあった。よってぼくは「方針案は第十堰を治水上支障となる固定堰だと位置づけた」と判断したのだった。

  ところが,昨日の河川分科会に出された説明報告書には,次のような注釈がついていた。
基本方針とは「整備により達成すべき機能等の目的や方向性を示すもの」。だから,第十堰を含む既設固定堰に関する記述は「個別施設の構造等を規定するものではない」というのである。

  つまり,これは第十堰をさした記述ではなく一般基準を言ったのだ,とわざわざ注釈をつけたのである。小委員会の議論にもかいま見えたが,第十堰の扱いをめぐっては内部でさまざまなせめぎあいがあることを伺わせるできごとといってよい。世論が押し戻したのである。
  こうして整備計画を作る前から「第十堰は障害物」という足かせが付くという最悪の事態は回避された。

  この日分科会に出席した飯泉知事について,徳島新聞記事は,「知事は,昨年三月に県が国交省に要望した吉野川の整備のあり方にも触れ『抜本的な第十堰のあり方を検討する場では、まずは可動堰以外のあらゆる方策から検討してほしい』との考えを重ねて主張した。
 知事は会議のあと報道陣に、基本方針の表現が第十堰の可動堰化に含みを残しているとの見方があることに対し『私の感覚は逆。原案を了承してもらったことで、要望が尊重されたと思っている』との見解を示した。」と書いている。さらに続いて,

 「傍聴した吉野川シンポジウム実行委員会の姫野雅義代表世話人は『古い考えと新しい考えがせめぎ合う過程で今回のような表現になったと思う。第十堰は治水上支障とならず、残すことこそ大事であることを、整備計画策定時に流域住民に広げていきたい』と話した。」とのぼくのコメントを並べた。

 流れがふたたび変わり始めたと感じさせる記事である。
[PR]
# by himenom | 2005-10-27 23:26

10月26日(水)曇 「お墨付き」に立ち会い

日帰りの最終便で東京から帰ってきた。
この日,国交省の河川分科会は,
河川局長が挨拶文を読み上げ,
司会の分科会長が進行説明を読み上げ,
近藤小委員会委員長がこれまでの経過説明を読み上げ,
各県知事(徳島以外は代理)が「よろしくお願いします」と述べて,
わずか1時間足らずで終わった。
発言する委員はだれもいない。
「お墨付き機関」とはここまで露骨なものか。
なるほど,河川局の事務方が,2日も前から
「当日基本方針が承認される予定です」
と言っていた意味がよくわかった。
[PR]
# by himenom | 2005-10-27 00:44

10月25日(火)晴 「可動堰以外で決着」知事が見通し

このタイトルは,きょうの徳島新聞1面トップの大見出しである。
なにを根拠に知事がそのように考えたのかは明かではない。
それを承知で徳島新聞が1面トップにこれをもってきたのもおもしろい。

飯泉知事は,「可動堰以外で」という県の要望を国は理解しているはずだ,
と言い続け,いよいよあす東京の河川分科会で意見を述べるのである。

(知事さん,大見出しのとおりで間違いないんでしょうな)
(ちゃんと意見を述べて,確証をもって帰ってくだはれよ)

徳新の大見出しは,こういう大多数の県民の声なのであろう。
さて知事はこの県民の声をいっぱい背中に背負って,あすなにを言うのか,
物言えぬ傍聴者であっても,ぼくはその場にたちあっておかなければなるまい。
というわけで,8時50分発スカイマーク機で行ってきます。

 
徳島新聞10月25日~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 吉野川河川整備計画の策定作業の中で第十堰(ぜき)の抜本対策が検討される問題で、徳島県の飯泉嘉門知事は二十四日、可動堰以外の選択肢から先に検討されるとの見方をあらためて説明。「これだけの技術開発があれば、この最初の段階で決着すると思っている」と述べ、第十堰の抜本対策が可動堰以外の方法になるはずだとの見通しを示した。

 この日の定例記者会見で、「議論した結果、可動堰がベストとの結論になった場合、県として認めるのか」との質問に答えた。

 知事は、第十堰の対策に当たっては「まずは可動堰以外のあらゆる方法から検討すること」と、昨年三月に国土交通省に要望し、国交省もおおむねこれに沿う形の方針を打ち出していると説明。「しっかり可動堰以外の選択肢を検討してもらう。できればそれで実行してもらう、というのが最大だと思っている。その点は国交省とも軌を一にしていると思っている」と話した。

 その上で「まずは可動堰以外の検討を」と求めたことについて、「(可動堰以外の選択肢を)第一に考えてくれという意味だ」と強調。検討の結果、最終的に可動堰がいいとなった場合の対応では「当然、その段階で考えなくてはいけない」としたが、「われわれとしては(可動堰以外の選択肢を検討する)最初の段階、フィールドで決着するというふうに思っている」と述べた。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
# by himenom | 2005-10-26 00:52

10月24日(月)晴 あさって河川分科会

徳島県のホームページ「知事の週間スケジュール」を見て驚いた。
10月26日 社会資本整備審議会河川分科会(国土交通省)とあるではないか。
これは吉野川河川整備基本方針が審議される会合だ。予想外に早い。

河川局に電話した。
「当日は,吉野川の基本方針が承認される予定です。
 そのあとは河川局で粛々と策定作業をおこなうだけです。」
との返事が返ってきた。

事務方が,審議する前から「承認される予定」というのにも驚きだが,開催日を直前まで伏せておくというのも,ずいぶん閉鎖的だ。先月の電話のときも「住民の傍聴は想定していませんから」と悪びれもせず断言していた。
若い人にこのようにあっけらかんに堂々と言われると,陰湿感がないのはいいが         (おいおいちょっとは恥ずかしそうな口調で言えんのかい) と思ってしまう。

先月私達は,基本方針の審議に当たって,要望書を提出した。それは,NPO法人吉野川みんなの会と徳島市が,学者グループに研究委託した成果で,新しい知見として基本方針の議論に不可欠と考えたからだが,どうやらこの様子だと検討される予定はない。

あさって,住民と地域の地道な努力がどのように扱われたのか,しかと見届けてくるつもりだ。


国土交通省河川局
1. 日 時  平成17年10月26日(水)13:30~
2. 場 所  11階特別会議室
3. 議 題(1) 庄内川、沙流川、紀の川、常願寺川及び吉野川水系に係る河川整備基本方針
      の策定について(2) その他
4 傍聴可
[PR]
# by himenom | 2005-10-24 23:52

10月23日(日)晴 京都のサラ金研修会

2日間京都でみっちり研修してきた。きのう9時半徳島発で13時から19時半まで研修。この日京都のホテルはどこも満室なのでとうとう草津まで行った。ビジネスホテルアサヒは5000円と安く助かった。食事は焼き魚定食とコンビニ弁当。今朝は9時半から13時半まで研修して夕方には徳島に帰っていた。なんというハードスケジュールだ。

研修会は「消費者被害救済実務セミナー」。全国の司法書士が500人以上集まった。
サラ金やヤミ金に手をだして多重債務の借金地獄に堕ちた人たちの代理人として,サラ金と交渉や裁判をして,違法金利で払いすぎたお金を取り戻したり,さまざまな法的救済のノウハウをみっちり磨こうという勉強会なのである。

ぼくも,簡易裁判所の代理権を持つ司法書士なので,重たい法律の本をぎっしりとカバンに詰め込んで,いそいそと出かけていったのだった。なにしろ大きな初仕事を成功させたばかりなのでやる気まんまんなのである。

その初仕事というのは,いっぺんに債権者15社を相手にしなければいけない,というケースだった。債務の総額は700万円近くにふくれあがり,本人は破産を覚悟していた。
サラ金相手の交渉や裁判の調べごとで毎日夜中までかかった。サラ金各社から払いすぎのお金を取り返して払うべき相手に支払っていく。6ヶ月がすぎとうとう解決した。破産しなくて済んだのだ。最後に100万円が残った。家族の再出発のためのお金だ。ぼくは家族みんなに来てもらって,たいせつな100万円をそっと渡した。

だがこんな例は全国にいっぱいあるというのだ。なにしろ武富士,アコムなどサラ金大手5社だけで,顧客の口座数は1億を超えるという。日本の就労者人口は6410万人だからすさまじい数だ。この数字の意味は,サラ金の利用者はほとんど複数の口座をもっている,つまり膨大な多重債務者予備軍がいるということなのである。

なぜこうなるのか。高金利のためである。金利年29.2%でサラ金から100万円借りたら3年後は240万円,5年後には420万円にふくれあがる。やがて返済のために借金をするようになる。すぐに自転車操業だ。こうして破産者が生まれる。ここ10年間あまりで150万人という数である。その150万人をこんどはヤミ金が狙う。多重債務は構造的な問題なのである。

「ここも構造の問題か」
ぼくはため息がでそうになった。川のことを思い出したのである。
そのときケータイがブルブルと振動した。やっぱり吉野川の件だ。来週からまた忙しくなるぞ。電話のおかげで昼飯抜きで徳島へとんぼ返りになった。できるなら南禅寺の湯豆腐を食べたかったのだが。
[PR]
# by himenom | 2005-10-24 00:40

10月19日(水)晴 20日から第十堰補修工事 国交省

 「国土交通省徳島河川国道事務所は二十日から、吉野川第十堰(ぜき)の破損二カ所の補修工事を始める。破損部分にコンクリートを流し込むなどして堰の強度を高め、来年三月二十四日までに完成させる。

 補修するのは、青石が破損した上堰部分の約五百平方メートルと、コンクリートブロックが流出するなどした下堰部分の約百三十平方メートル。上堰部分の工法については、青石を敷き詰めた空石張りの景観を残すように求める住民の意見が多かったが、国交省は、洪水への強度を高めるため、青石の間にコンクリートを入れる練石張り工法を採用した。

 工事は、二十日から工事用道路に着手、十一月初旬から本体の補修に取り掛かる。」
                                     (毎日新聞10月19日

第十堰の補修工事がおこなわれるのは何年ぶりだろう。調べてみた。03年93年は魚道補修なので別として,堰本体では下堰が1983年,上堰が1969年までさかのぼる。つまり下堰では22年ぶり,上堰では36年ぶりの補修(メンテナンス)である。さらに青石を使ってとなると,これは40年以上絶えてなかったことではあるまいか。

第十堰の可動堰計画の3大理由の1つが「第十堰老朽化論」だった。
第十堰は透過構造 ⇒吸い出し現象発生 ⇒内部が空洞化 ⇒第十堰崩壊 つまり第十堰の補修は不可能だから全面改築しかない,という説明だったが,これはまるで事実経過と違っていたのだ。第十堰は老朽化して壊れたのではなかった。改築に等しい大補修もすでになされていた。

実際の事実関係は,
①1960年代の膨大な砂利採掘 ⇒急激な河床低下 ⇒第十堰の石組み損壊 ⇒②昭和の大補修で堰は安定 ⇒砂利採取禁止で河床も安定 ⇒あとはメンテナンスで十分

というわけだったのだ。昨年は観測史上最大級の洪水(大増水)が連続して第十堰を襲ったが,第十堰(下堰)はほとんど影響を受けなかった。第十堰の公開調査では国交省のアドバイザーは,はじめて第十堰は安定した構造物であると認めた。(05年3月の日記「第十堰老朽化の真実」)事実は事実として認める姿勢は潔く,気持ちのよいものだった。

第十堰老朽化論は誤りだった。むしろ今回の補修の積極的意味は,上堰の青石部分の補修にある。第十堰は本来青石の石組みの堰であった。青石のうえを豊かな水が流れていてアユやウナギがいっぱい。ぼくは目をつむると,50年前のこの堰の光景を瞬時に思い出すことができる。たぶん死ぬまで忘れないのだろう。

だから,青石による補修がはじまる,と聞くだけでときめいてしまう。地元には現役の石工さんがいるのに,錬り石工法というのが残念だが,まずは最初の一歩が大事なのである。たいがい小さなできごとから時代は変わるものだ。 

40年前コンクリート万能の時代があった。1965年~75年の昭和の下堰大補修は,進行する河床低下に耐えるよう,青石による伝統工法を排し,強固なコンクリート型枠工法でおこなわれた。3m以上も下がってしまった川底の替わりに下流側には無数のブロックが投げ込まれた。第十堰(下堰)は年ごとにコンクリートに覆われていき,その行き着いた先が「可動堰化」だった。これが時代の文化だったのだ。

日本全国の川がこのような時代を通り抜けてきた。新河川法のもとで,人と川の新しいかかわりがもとめられ始めたいま,江戸時代から続く日本最大の青石の堰,第十堰の価値にふたたび注目が集まるだろう。
そのとき,霞ヶ関の国交省はなお「第十堰は治水上支障になる」として,青石張りの可動堰でも提案するつもりなのだろうか。
[PR]
# by himenom | 2005-10-19 22:53

10月15日(土)雨 徳島新聞コラムを読んで思うこと

「最近気になることがあります」 と友人からメールが来た。徳島新聞の9日付コラム編集局「吉野川」のことである。おおむね次のような内容だ。

1 吉野川の水利用と洪水対策のために早く河川整備計画を作ってほしい。
2 かつて「第十堰の可動堰化で県民世論がまっぷたつに割れた・・そんな不幸な時代」もあっ たが「県民世論の対立で遅れた河川整備計画づくり」が動き出したのは朗報である。
3 過去を乗り越え「吉野川の未来像を描いてほしい」

コラムは,肝心なことを避けているため,これと言った主張が見あたらないのだが,友人が気になるのは,おそらくコラムを通して伝わってくる「空気感」なのであろう。
(国が動いてくれてやれやれ。第十堰のような対立はこりごり。)
本当にコラム氏がそう感じているかどうかはわからない。だが友人は,そこに,私たち住民が陥りやすい一種の思考停止の危険を感じたのかもしれない。

1 まず勘違いしてほしくないのは,洪水や渇水のための計画なら現在すでにある,ということである。昭和57年に策定された吉野川工事実施基本計画が現にあって,毎年,治水利水に数十億円という予算が動いている。洪水渇水対策事業は空白状態ではないのだ。
 だから問題は,河川整備計画を急ぐという話ではなく,数十億円が効果的に使われているかまたはもっと必要か,という話にすぎない。たとえば昨年の連続洪水で第十堰周辺の堤防は余裕があったのに,それ以外の流域各所で堤防の欠壊や氾濫,土砂災害が頻発したことから,延べ数十億円を投入した可動堰計画を検証しなければいけないということである。

 では新たな整備計画は何のために必要なのか。平成9年の河川法改正で加わった,環境を犠牲にする治水利水事業をすべきでない,という新たな理念を具体化するためである。    また,洪水対策も力点の置き方を変えて,せっせとダムを作るのではなく,堤防を補強するなど想定以上の洪水がきても被害を最小にする方式を具体化するためである。            渇水対策でも,湯水のように使うことを前提にしてきたやり方を変える。
さらに新計画には流域住民の意思が反映される。住民参加である。それはお飾りではない。住民が川に関心をもち係わらなければ新しい計画の実現は不可能という背水の陣なのだ。新河川法の神髄はそこにあるとぼくは思う。

2 このように見てみると,整備計画づくりはいかにたいへんかわかるはずだ。コラムがいうように,国におねだりして待っていれば出来上がってくるようなものではない。まして県民世論が対立したから遅れたというのはさらに的はずれである。流域住民自身が,目先にとらわれず将来世代のために,議論を尽くし,知恵を出し合わなければ,河川整備計画はできない。旧来計画の焼き直しでもかまわない,というなら話は別であるが。

 現に河川法改正から7年が過ぎてなお,整備計画の前提たる基本方針ができているのは全国109水系のうち,わずか29水系でしかない。吉野川が「県民世論の対立で遅れた」とはなにを根拠に言われるのであろうか。むしろ第十堰問題は吉野川の将来像について県民が思いをはせた貴重な共通体験になったことを高く評価すべきではないか。それは河川整備計画づくりに不可欠な住民の関心や関わりにつながるからである。行政がやろうとしてもそれがいかに困難であるかは心ある現場のお役人は十分ご存じのはずである。

 このように第十堰問題はプラス面がおおきい。コラム氏のいう「不幸」があるとすれば,住民が望んだわけでもない可動堰計画(1千億円)が突然現れたことであろう。国の決定には逆らえないし大金もちらつくしというわけで住民間の対立はこんなときに起こる。                      昭和57年以前に住民が第十堰の撤去や可動堰の建設を要望したことが一度でもあっただろうか。ぼくの知る限り可動堰推進派住民なるものは国の計画ができてから登場した。推進派や反対派の住民対立(といっても吉野川ではさほどのものではないが)は国の計画が作ったのである。

 とすれば解決方法は明かである。可動堰計画を選択肢からはずすことである。ところが国交省の基本方針案は,せきあげ,深掘れ,老朽化,という第十堰の可動堰化計画の根拠となった理由をそのままあげた。可動堰復活の余地を再確認したといってよい。
国がそのような姿勢をとり続ける限り,国の意向に添おうとする地方の動きはなくならない。コラム氏はなにをもって「朗報」というのであろう。基本方針案のもつ,不毛な住民対立を生む危険性,をこそ指摘すべきではなかったか。

3 さて自分の人生の未来は誰でも自分で決める。吉野川の未来像を描くのは吉野川とともに暮らす住民ではないのだろうか。第十堰問題を通して住民達が気づいたこのテーマは,新河川法に明文化はされていないものの,日本の河川百年の計をたてるに当たってのたいせつな精神的支柱であると思う。それは,基本方針を作る際に,最大限生かされるべき魂という気がする。
[PR]
# by himenom | 2005-10-16 03:14

10月13日(木) 快晴 「住民投票の民意,いったいどこへ」

今日付の朝日新聞「私の視点」欄に,投稿してあったぼくの小文が載った。
「吉野川可動堰 住民投票の民意,いったいどこへ」というタイトルで,国交省が住民そっちのけで進める吉野川河川整備基本方針作りを批判したものだ。
さっそくあちこちから電話やらメールやらいただいた。

10年間,ぼくのしてきたこと建設省のしてきたこと,その両方をつぶさに知っている恩師は,「国土交通省は一体何を考えているのでしょう? 私には、戦艦大和や武蔵を造った、戦前の軍部と同じに見えてきます。政権交代しかないということでしょうか?」とため息をついた。

ぼくは可動堰計画が白紙になった5年前,恩師と交わした会話を思い出した。
「もう少ししたら第十堰から足を洗えるでしょうね」
「姫野くん,建設省に第十堰を評価させるのは一生の仕事ですよ。引退できませんよ。」
「かんべんしてくださいよ,先生」
冗談とも本気ともとれる恩師のことばだった。

国交省には,きちんと説明責任を果たしてもらわなければならない。
ぼくはふたたび,霞が関の部屋の片隅で一言も反論を許されずに,傍聴した委員会を思い出した。悔しかった。

「ちょっと待ってもらいたい。第十堰が治水上支障となるかどうかは,10年間にわたり住民と国との最大の争点だったはずだ。まず国の洪水予測の過大さが判明した。住民側は独自計算で第十堰の安全を証明した。国はダム審最中に2度も不利なデータを隠した。さらに観測史上最大洪水の台風23号でも検証された。結果,第十堰は洪水の支障にならなかった。国の主張は間違っていた。流域の可動堰反対世論はこうして動かぬものとなったのだ。
 
 国交省はその経緯をすべて知っているはずだ。だからこそ,住民投票から5年間,住民が繰り返し話し合いを求めてもいっさい議論に応じなかったのではなかったか。
 住民に対する説明責任を放棄し沈黙し続けてきた国交省が,5年後,住民から遠く離れた霞ヶ関の一室で,いまさら 「第十堰は治水上の支障になる」 とは恐れ入る。
 
 それでもなお,これが適法な審議だというならそれは,国交省による河川法の私物化であり,住民を置き去りにした悪政であると申し上げよう。国交省はじっくりと胸に手を当てて考えてほしい。川は一体誰のものなのかを。」
[PR]
# by himenom | 2005-10-14 02:18

10月10日(月)曇り 善入寺島で川の学校

今日は川の学校の今年最終日である。キャンプ地は吉野川中流の善入寺島。ここは吉野川最大の中州(日本最大ともいう)で,東西6キロ南北1.2キロもある。
 
 この島には,もとは3000人の人々が住んでいたが,明治42年,内務省大阪土木出張所長沖野忠雄は,全島を遊水地化する基本方針を発表し,大正年間に善入寺島は巨大な無人島となった。買収とはいえ先祖伝来の地から3千人を強制退去させるのであるから当時の内務省の権限はものすごいものだ。ふるさとを追われた住民は,遠く北海道まで移住した者も少なくなかったという。
 
 余談だが,徳島県と北海道は意外とつながりが深い。 有名なアリスファーム(本部は赤井川村)のある仁木町の名はこの島の近くから移住した仁木武吉の名前から取ったものだし,映画「北の零年」で,明治政府の命令で,北海道開拓に向かう渡辺謙と吉永小百合扮する稲田家一族の本拠地も,この島に近い脇町(現美馬市)である。 明治期の徳島県は,北海道への移住者数の西日本最大県らしいのだ。この穏和で保守的な県民性にしてなぜ,と不思議な気もする。 

 現在の善入寺島は広大な田畑となり,島の周りを竹林(水害防備林)が囲んでいる。洪水時は竹林が土砂の進入を食い止め,川の運んできた養分のみを畑にいただこうという仕掛けである。洪水が田畑にあふれるのを認めこれを積極的に活用するというのは,藍作りが生んだ吉野川独特のしたたかな治水の知恵であった。「蜂須賀藩の無堤防主義」とも言われた。川のなかとはいえこの仕組みがいまなお残されているのは貴重なものだ。

 北海道を連想させる広い畑はいい野菜ができるので有名だ。しかし農業後継者難で放棄地も出始めている。竹林の手入れも行き届かなくなっている。惜しいと思う。             「吉野川の恵みだけで作られる無農薬有機農法の善入寺島野菜」                   これはりっぱな吉野川ブランドになるはず。 夢をかける若者が出てくれないものか。

 今年5年が経った川の学校からはもう150人の川ガキが誕生した。かれらは,吉野川がまるで自分の川のように身近になったはずだ。リーダーの小畠チチは「これからは君たちがお父さんやお母さんを川につれて行きなさい。それができるのが川ガキです」と言った。
無人になって90年がすぎたこの島の広い河原から,ふたたびこどもたちの元気な声が聞こえ始めて5年。まだ小さいけれど確かな手応えを感じている。
b0050788_2362891.jpg

[PR]
# by himenom | 2005-10-11 02:22

9月29日(木)晴  第十堰は風化しない

昨日は,吉田ます子さんの県議会代表質問が注目を集めた。26日,国交省の基本方針検討小委員会で基本方針原案が承認された。原案には「洪水の支障となる既設固定堰」に対し「必要な対策」をとる。と盛り込まれていた。これは第十堰をさしており可動堰復活の含みを残す。委員会では飯泉知事の代理下安氏がこれを了承したため,吉田県議は「可動堰以外でと要望しておきながら矛盾するではないか」と知事を追求したのだった。

知事は,市民が多い傍聴席が気になるふうであったが,何度聞かれても「要望通りやってくれると期待している」を繰り返した。残り10秒で4回目を聞いたます子さんに,根負けしたのか知事は一言「(可動堰以外でという方針は)いささかも変わりはありません」と断言した。ぼくは,よくがんばったね,とます子さんに拍手した。

おもしろかったのは,委員会での下安氏の発言に触れたくだり。下安審議官は開口一番「第十堰の件では大変なご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした」という趣旨の発言をしたのだそうだ。ご本人が国交省から出向しているためつい言ってしまったのか。霞ヶ関の実家に帰った安心感がそういわせたものか。ます子さんが発言を「ご披露」したとたん,議場は失笑で一瞬どよめいた。下安さん,県が謝る相手は国交省ではなく県民でしたよね。

新聞報道で心配した市民が50人くらい傍聴に来ていた。やはり第十堰問題となると市民の反応は早い。この10年の体験は簡単に風化しないのだ,とぼくは改めて第十堰の衝撃力の強さと深さに舌を巻いた。
[PR]
# by himenom | 2005-09-29 23:53

9月26日(月) 晴  13年前へ時間旅行


今日,東京から帰ってきた。タイムカプセルで13年前に時間旅行をしてきたような気分だ。
霞ヶ関の河川整備基本方針検討小委員会の結論は,「第十堰は治水上支障となる固定堰」だから放置できない,というものだった。

事務局である国交省から出された第十堰の基本方針の根拠資料は,「せきあげ,深掘れ,老朽化」昔懐かしい?ものばかり。住民に完璧に論破されたこれらの資料を,こっそりと霞ヶ関の会議室に再び持ち出して,あっというまに「対策が必要」という結論をまとめてしまったわけである。

この委員会の委員は,元農水省構造改善局次長の森田氏ほか,官僚がずらり,河川工学の委員はダム推進派がずらりと並んでいる。委員長の近藤徹氏は,なんと元建設省河川局長で,現在は(財)水資源協会理事長である。

代表的な委員の発言を,残しておこう。福岡捷二中大教授(雑誌「世界で」大熊孝教授と基本高水論争をしているダム推進派の河川工学者)
「ビジョン報告書を書いた人は,治水のあり方を知らない人でないか。私は河川工学者だ。第十堰を残すことは非常に問題。行政は住民グループに対し弱腰すぎる。」

かつてダム審で「可動堰が妥当」と言った辻本哲郎,鈴木幸一両教授も委員になっており,「原案妥当」と意見を述べた。

最後に近藤委員長が「私の専門は安全工学だ。第十堰は250年持ってきたかもしれないが,仮に1%でも危険性があるならばも認めるわけにはいかない。」そこで「原案を承認して河川分科会に送ることにする」とまとめた。

地元知事として出席した飯泉嘉門氏(代理下保修氏)も「原案でけっこうです」と言ったが,ちょうどあす県議会で吉田ます子さんの代表質問がある。今日の顛末をすべて見届けた吉田ます子さんが飯泉知事に質問する。午後4時予定。ぼくも傍聴に行くつもりだ。

どうも国交省は,この13年間からなにも学んでいないようだ。
もう可動堰は復活させない。
傍聴が終わったあと,市内で報告会を持ちたいと思っている。
[PR]
# by himenom | 2005-09-27 01:45

9月25日(日) 晴  「吉野川可動堰への未練を断て」

今朝の朝日新聞社説のテーマは,ズバリ「吉野川可動堰への未練を断て」
あす開かれる国交省の河川整備基本方針検討小委員会の審議へのメッセージである。
 
        ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 吉野川は「四国三郎」と呼ばれる大河だ。その下流で大規模な可動堰(ぜき)をつくる計画に対し、投票者の9割が反対した徳島市の住民投票から5年余りたつ。計画は事実上凍結されていた。

 ところが、国土交通省は可動堰をつくることに含みを残す基本方針案を決めて、大臣の諮問機関である審議会の小委員会に提案した。小委員会は吉野川を整備する基本方針を審議する。

 「治水上支障となる既設固定堰については、必要な対策を行い、洪水を安全に流下させる」との文言が盛り込まれた。

 「必要な対策」の内容ははっきりとは書かれていないが、素直に読めば、江戸時代に築かれた「第十堰」と呼ばれる固定堰を取り壊して可動堰をつくることをあきらめていないと見るべきだろう。国交省河川局は住民投票の後も「可動堰の方がすぐれている」と主張してきた。

 しかし、地元の住民の意思はすでに示されている。いつまでも可動堰にこだわっていては、時間を浪費するだけだ。国交省は可動堰の計画と決別して、堤防を強化するなど、ほかの手段へ転換を図るべきだ。

 約1千億円をかけて吉野川に可動堰をつくる計画は80年代に動き出した。

 だが、大規模な堰は水質を悪化させる恐れがある。アユがさかのぼりにくくなるなど生態系への影響も心配だ。一方で、石積みの第十堰は豊かな自然と調和し、住民の憩いの場になってきた。

 徳島市の住民投票は、そうしたことを総合的に判断した民意だった。

 徳島県の飯泉嘉門(いいずみかもん)知事も「可動堰はやらない」と発言して、03年5月に初当選した。昨春には国交省に「可動堰以外の検討を」と求めている。

 「流域住民の意見を反映させた河川整備の推進」という河川審議会の答申を踏まえ、河川法は97年に改正された。その理念からいっても、国交省は一刻も早く可動堰をあきらめるべきだろう。

 気になるのは、基本方針を審議する小委員会の人選だ。28人の委員は、元河川局長が委員長を務めるうえ、4県知事のほかは、これまでの河川行政に肯定的な専門家ばかりが目につく。住民投票で示された民意を代弁する人はいない。

 小委員会では、可動堰のほかにも重要なことが審議される。吉野川の治水対策は「何年に1度の洪水」に備えるのか。その方針を決めるのだ。

 これまでの河川行政は、もっともっと安全性を高めなければならないと主張し、多くのダムをつくってきた。その結果、公共事業がふくれあがり、河川の様子がすっかり変わった。

 治水上の安全をどこまで見込むのか。自然をどこまで残すのか。そうしたことについても、流域に暮らす人たちの意見を反映させなければならない。

 可動堰の計画を撤回するのはもちろんのこと、河川のあり方を審議する方法を改める。それが国交省がただちに手をつけるべきことだ。

         ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[PR]
# by himenom | 2005-09-25 08:54

9月24日(土) 曇 国交省委員会へ要望書

ちょうど12時,国交省徳島事務所の職員さんが,書類を取りに来た。
26日の基本方針検討小委員会へ提出する要望書とビジョン21委報告書を,国交省が28人の委員に送ってくれるというのである。

ぎっくり腰が気になっていたぼくには,ありがたい話なのだが,なぜこんなに親切なのかなあ,と思ってしまった。それは「要望書を出したいんですが」とHPで見た河川局河川計画課に電話をしたら,最初は「ダメです」とまったくとりつくしまがなかったからである。

まさか,26日にまにあうように形だけ整えておいて,審議はしたけど採用できない,というアリバイを作るために,若い職員さんを土曜出勤させたのではないでしょうね。26日にもう実質審議を終わらせてしまう,といううわさを聞くにつれ,ついそんな勘ぐりもしてしまうのである。

ま,ともかくは出すものは出した。26日の上京が楽しみである。
[PR]
# by himenom | 2005-09-25 00:18

9月22日(木)晴 来週は国交省に行く

今日,国交省河川局は,ホームページで吉野川整備基本方針(原案)を発表した。
注目点は,2点あった。新たなダムは作るのか。可動堰は作るのか。
1 基本高水は変えない。よって「洪水調節施設」が必要。(「ダム新設」を言い換えただけ)
2 第十堰は,洪水の支障となる。よって「対策」が必要。(「改築」を言い換えただけ)

われわれの考えは,次のようなものだ。
1 基本高水は過大。現状で新設ダムは不要。森林の改善でさらに洪水流量を減らすべき。
2 第十堰は洪水障害になっていない。文化遺産として積極的に保全すべき。

その科学的根拠がある。
13人の学者グループ「吉野川流域ビジョン21委員会」の報告書である。3年間の現地調査に基づき,森林の洪水防御力「緑のダム」機能を,1級河川の解析に使った日本で初めての研究報告だ。3200万円の研究費は半額が市民のカンパ,残りの半額が徳島市の支出である。これも前代未聞であろう。

さらに昨年の連続台風豪雨だ。
23号台風の岩津地点のピーク流量は毎秒16400トン,吉野川観測史上最大の洪水だったため,可動堰計画の検証にもってこいのケースとなった。結果,第十堰の影響範囲はびくともしなかったが,第十堰以外の箇所では2600戸の床上浸水や,下流川内堤防の欠壊など吉野川全流域に甚大な被害が出た。計画の誤りは明白だ。20年間,数十億円もの金を使い,可動堰に血道を上げた結果だ。どう責任をとるのか(と,これは国交省の口癖のまね)。

もし検討委員会が,科学的,中立公正に審議をするのであれば,基本方針の根幹に関わるこれらの点について,十分に議論する責任がある。そこで,ビジョン報告書と意見書を28名の委員全員に送ることにした。これは国交省が責任をもって送ってくれることになった。

さて,この基本方針原案を審議する検討小委員会は26日に開催される。委員のほとんどは知らない方ばかりであるが,われわれの提言をどのように議論するのか,まずは予断を持たずに見てみたい。そこで,26日は久しぶりに国交省に行くことにした。

当日のスケジュール
10時~12時 河川整備基本方針検討小委員会 
        国交省11階 特別会議室
        傍聴(当方から3名予定)
13時~13時30分 記者クラブ会見室で記者会見
[PR]
# by himenom | 2005-09-23 00:47