<   2006年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

10月18日(水)晴 ブログ一休み

今週末は,国交省の案内で,肱川の二線堤の視察に行く。
翌日は朝から,第十堰資料の編集が,本格的に始まる。
来週末は,多重債務問題の全国集会が松山である。
その翌日は,熊本で水源連の全国総会だ。
再来週木金は,日弁連の一行が第十堰に視察にくる。
吉野川の河川整備計画の作り方を調べに来るのである。
その日今年の川の学校最終回も善入寺島で始まる。
さらに週末,中国からは,世界遺産「都江堰」研究の第一人者,周魁一教授ほか著名な学者が第十堰にやってくる。日曜の午後,ふれあい健康館の講演会(通訳付)はおすすめである。
今夜はみんなの会の例会。
あっと驚く来年の企画を若い人たちに作らせるつもり。
買ったばかりのパパチャリで出かけた。
鮎喰川を越えると,畑の中の暗闇道が続く。
だが,なつかしい本物の暗闇は,もうなくなっている。
ブログは当分できない。駆け足で予定のみを記しておく。
[PR]
by himenom | 2006-10-19 01:44

10月12日(木)晴  マイ自転車

ぼくの愛車は,太陽と緑の会で,5000円で手に入れた宮田製通勤車。
ボディのひび割れが進み,ライトは壊れ,ブレーキもすり減り,
湿度の低い晴れの日が続くと,ギーコギーコと音がする。
そしてきのう,ついに前輪がパンクしてしまったのだ。
たかだか歩道と車道の段差の軽いショックで。
これはもう寿命に違いない。

村上市議の行きつけの,ナカニシサイクルに行った。
ロードレーサーとか,マウンテンバイクとか,
かっこいいスポーツ車が,ラインダンスのように並んでいる。
だが店主は,客の特性を一目で見抜いたらしく,
ラインダンスの方は見向きもせずに,カタログをぼくに見せた。

「これがママチャリ」
          ふんふん
「つぎはババチャリ」
          えっ,ババチャリ・・・・
「そしてパパチャリ」
          ぱっ,ぱっ,ぱぱちゃり・・・!

「姫野さんにはパパチャリの6段変速,かご付,自動空気入れ付がいいでしょう。 
そうそう腰痛対策に大きなサドルに変えておきましょう」

なんという慧眼。その気配り。
さらに,

ぼくの視線が,ちらっと店頭の特売コーナー8800円の中国製に行ったのを
かれは見逃さなかった。
「あ,1万未満はいわば使い捨て車です。環境には良くないですねえ」
「そ,そ,そうですね。使い捨ては良くないなあ」

こうして,ぼくは34900円也のブリジストンの「パパチャリ」を買ったのである。
[PR]
by himenom | 2006-10-12 16:22

10月9日(月)快晴 秋の三連休

7日から,猛烈な風の第十堰で,川の学校が始まった。
徳島空港に講師のりんさんを出迎えに行ったら,羽田発日航機は,
あまりの強風に2度も着陸をやり直し,20分遅れで到着した。

川ガキたちと釣り場へ向かう途中,10センチほどのヨウジウオを見た。
吉野川では,中学生のとき以来の,なんと45年ぶりの対面だ。
玄さんによると,今年はジンタ(ヒイラギのこと)もいっぱいいる,とのこと。
これまたなつかしい魚(コッチン釣りのえさ取り)なのだ。

8日6時シュラフから這い出る,風は治まらない。
午前中,釣り場探しに飽きたこどもたちは寝てしまった。
昼から,第十堰の視察旅行にきた広島県の高校の先生6人のお相手。
夕方から事務所に帰り,住民運動の法律的検討,について話し合う。みんな,あまり好みではないが,活動基盤にかかわるので,絶対におろそかにできないのだ。

b0050788_21371653.jpg

9日の吉野川は,スコーンと快晴の秋空。
午前中,第十堰資料編集の方針を協議。
午後は,古い第十堰資料を探すべく,明治時代の新聞記事をコツコツと閲覧している仲間と,県立図書館で合流する。
夕方,東京に帰るりんさん,駒さんと川ガキ2人を,徳島空港に送る。

b0050788_21373231.jpg

第十堰下流の中州でカワウの集団漁を見た。
小魚の群れを浅瀬に追いつめて次々に補食する。
なかなかの迫力である。
[PR]
by himenom | 2006-10-09 21:44

10月2日(月)曇  国交省はなぜ議論に応じないのか

「吉野川流域住民の意見を聴く会 運営に不満の声続出ー双方向の議論を要求」
1日付の徳島新聞は、こういう見出しをつけた。

午後1時、107名の参加で始まった聴く会は、
冒頭からコモンズへの批判が噴出、波乱含みの展開となった。
終わったのは、午後7時。なんと6時間である。
出された意見は200を超え、なかでも
国交省の計画策定の進め方に対する、強い不満が噴出した。

この日国交省は、意見は聞き置くにとどめ議論はしない、という姿勢を通し、
コモンズは、住民の意見を引き出すのがファシリテータの役割、といい続けた。
これは何を意味するのだろうか。
住民意見は聴くだけ聞いた、という実績作りのために、結局のところ、
両者が役割分担しているということである。

会が終わりに近づいた頃、中身は何も言わなかった舘河川計画課長が、
「河川管理者の責任と権限」を大きな声で強調したのが、とても印象的だった。
ぼくは、それを聞いて、疑問がすうっと解けたように思った。
もはや国交省は、議論によって住民を説得できる自信がないのだ。

なぜなら、総合治水、環境目標、森林保全、縦割り行政打破、等々の住民の主張は正論であり、心ある河川技術者も真剣に考えている、難しいテーマに違いないからである。
だから、これらのテーマに正面から取り組もうとしない官僚たちに、議論で住民を説得できるはずはなく、「権限」を盾に取るしか自らの拠り所はなくなった、ということなのであろう。

おそらく国交省は、この日をもって第一クールの終わりとし、「意見聴取方式」を強引に既成事実化しようとしたいに違いない。さらにその既成事実をもって、「第十堰の検討」に踏み切るための条件と考えているのかもしれない。
もしそうなら、国交省はとんでもない見込み違いをしているのであり、住民はそんな方式で「第十堰の検討」を始めさせるわけはないのだ。少しは過去を学んだほうがいい。
[PR]
by himenom | 2006-10-03 02:04