<   2006年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

4月24日(月) 河川整備基本方針策定のあと第十堰はどうなったか

あすは、徳島県知事宛の質問書を提出する。
かんじんの吉野川の河川整備計画づくりは依然五里霧中で
国交省の鉄のカーテンのかなたである。
そのうち出てはくるのだろうが、
忘れるといけないので、その経緯を残しておこう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
河川整備基本方針策定のあと第十堰はどうなったか
(2月28日第十堰日誌より)
もう3ヶ月も前の話になるが,前回の第十堰日誌に吉野川水系基本方針を活かそうと書いた。ぼくはその刷り上がったばかりの吉野川だよりを日弁連のシンポジウムに持っていって,来ていた布村国交省河川計画課長に名刺代わりに謹呈した。布村さんは全国の河川整備基本方針策定作業の総元締めであり,4日後には吉野川の住民と河川局長の対談が決まっていたから,布村さんはきっと読むはずだとぼくは考えたのである。
  さらに対談に先立って住民側は次のようなメッセージを河川局長に送った。
「新河川法の理念と新方針の上記目標を、河川整備計画に具体化しなければならない。環境を守り総合治水を行うためには住民参加が不可欠であることを認識し、私たち住民は、大事のためには小事にとらわれず,勇気をもって新しい一歩を踏み出したいと思う。」 河川局長がこれをどう受け止めるかが楽しみだった。

  12月7日,国交省の会議室で,渡辺和足(わたる)河川局長は 「整備計画づくりはすべて整備局マターである」 と断った上で 「私はその総論を言う」と続けた。河川局長が投げ返したボールは要約次の通りであった。ぼくは三原則と呼ぶことにした。
  ①整備計画は 「住民意見の反映」 と「徹底した情報公開と住民参加」 で作る。
  ②第十堰は治水,文化両面から考える。
  ③森林と一体で河川整備を考える。
  この原則に異論はない。 もしこの三原則がきちんと守られれば,14年間の第十堰問題は,解決に向けて大きな一歩を踏み出すことになるはずである。
  だがこの三原則はどのように具体化されるのであろうか。なにしろ総論と各論の使い分けは「官僚文化」と言えるほどに見事であるから油断はできない。四国地方整備局と意見交換会をした。吉野川の河川整備計画作りの責任者は四国地方整備局の舘河川計画課長という方であった。河川局長は 「整備計画づくりはすべて整備局マターである」 と明言したにもかかわらず,舘さんはほとんど語ってくれなかった。結局,河川局長の上記発言を確認したこと、その具体化は「整備局として責任を持ってやる」と明言したにとどまった。暮れも押し詰まった12月21日のことである。
  この日住民側は「三原則」実現のために,大切な提言を持参していた。流域委員会の設置の提言である。流域委員会とは、河川整備計画を作るに先だって、学識経験者がその方向性や骨格をとりまとめる委員会であり、どこの川でもその後の整備計画を大きく左右している。住民側は次の提言した。委員会は運営の独立性をもつこと、委員の人選はだれもが納得できること。この2つの原則を実現するために、委員の選定委員会、準備会、流域委員会という開かれた手順をとることである。ここでボタンを掛け違えると取り返しがつかないことは、国交省は98年の第十堰ダム審でいやというほど経験したはずだ。実は住民側がおこなった提言は,かつて国交省自身が設置したあり方懇談会がダム審を反省してその最終提言に盛り込んだ核心部分だったのである。だがこの日舘さんは何も言わなかった。吉野川は再び全国の注目を集め始めていた。
 
 年が変わった1月20日、学術界から動きが出た。「吉野川では河川管理における住民参加を巡り、全国に先駆けて住民運動が行われ、それが現在まで持続しているという、全国他に例のない特徴を有し、その経緯は各種の学術書、一般書に記述され、全国的に注目されている(例えば小林編、2002、上田、2003、嘉田編、2003、蔵治・保屋野編、2004、原科編、2005など)」 として、「日本学術振興会 人文・社会科学振興プロジェクト 青の革命と水のガバナンス」 という研究グループが、吉野川の流域委員会のありかたについて四国地整に対し,学術的視点から提言をおこなったのである。
  このグループは全国の流域委員会を研究している専門家集団であり、その提言は各地の経験に裏付けられた具体的なものでたいへん参考になる。①流域委設置に際しては住民代表が過半数加わること ②準備委員には他の流域委員会の経験がある学識経験者が加わること ③委員長は住民参加と合意形成の分野で十分な実績のある学識経験者とすることが ④流域首長の委員は避けるべき ⑤河川管理者はアドバイザーとして協力する。会議および資料は全面公開する。
  この提言からもさらに1ヶ月がたった。国交省四国地整はどう動いたか。不思議なことに動きが止まってしまったのである。年内に徳島県に示されるはずだった整備計画策定の道筋は,いまだに宙に浮いたままである。ぼくは四国地整の舘課長に 「どうなっているんですか」と電話をした。舘課長は「まだ何も決まっていません」 と3ヶ月前と同じ返事をした。河川局長のキーワードはどこへいったのだ。いくら聞いてもそれ以外何も言わなかった。なぜ動きがないのかわからない。だが国交省内で何かがおこっている。
[PR]
by himenom | 2006-04-25 00:02

4月22日(土)雨 鮎喰川で川の学校スタッフ研修

毎年桜の時期になると川の学校のスタッフ研修キャンプが始まる。
スタッフは全国公募し,今年も20代中心の若者が14人集まった。
5期スタッフのちゃむ君は長野から通ってきたが,
今年も遠く千葉の青年がいる。
特別研修スタッフとして現役の小中学校教師もいる。
全員ボランティアなので,文科省の助成金が出る年は別だが,
徳島までの交通費も原則自費という厳しさである。
さらに子どもの命を預かるのでボスである小畠ちちの指導は厳しい。
だから若者たちは1年間でぐいっと成長する。
土曜日の雨の中ぼくは彼らにハエ釣り講習をした。
清流鮎喰川の水の美しさに彼らは目を丸くしていたが,
ぼくの実技講習の時間には一匹の魚も釣れず,
講師の責任を感じたぼくは,実技の不振を取り戻そうと
夜の講義にさらに力がはいってしまい,
彼らはいっそう疲れが出たようであった。
今年も川のシーズンが開幕した。
みんなよろしく。
[PR]
by himenom | 2006-04-24 00:38

4月16日 曇  激論!改憲のための国民投票

近来になくおもしろかった。日曜日高松市で行われた「改憲のための国民投票」を考えるシンポである。主催したのは香川大学法学部のフツーの学生たちである。ブログをのぞいてみてほしい。街頭アンケートもやったそうだ。憲法と聞いただけで「うえっ」と拒否反応を示す学生に,ショックを受けつつも,生まれて初めての記者会見もやってしまう。ひょうひょうとした雰囲気で「憲法」を扱っているのがおもしろい。ぼくの世代だと肩に力が入ってなかなかこうはいかない。
パネリストもよかった。自民,公明,民主,共産,社民の全政党の議員さんが集まっているうえに,さらにいいのは肩書きだ。国会議員が2人,県会議員が2人,市会議員が1人という顔ぶれ。政党のカンバンとも言える憲法問題のディスカッションに,こんなバラエティに富んだ肩書きのパネリストが一堂に会したことがこれまであっただろうか。直接民主主義の国民投票を考えるにふさわしい。いや冗談ではなく,こういう雑然さこそが,物事の本質にせまり,ひとびとの関心を広げ,新しい発見を生むのである。こういう舞台をみるとわくわくする。

会場で国民投票法を作ることに賛成か反対かの全員アンケートをしたら,反対が多い。
ぼくは驚いて考え込んでしまったのだが,たしかに気持ちはわかる。国民投票法制定は自民党が仕掛けたもので,ねらいは9条改正にあるからである。9条擁護派にすれば国民投票法の議論は9条改正の一里塚と映るのだ。そこで9条という本丸を守るためには,国民投票法制定阻止という外堀防衛戦をしなければいけないというわけだろう。
しかしぼくは賛成の方に手を挙げた。
憲法96条の改憲の国民投票は,国の政治や行政を国民が直接コントロールできる唯一の直接民主制で,この結論には国会議員も官僚も束になっても絶対にかなわない。
国民主権の切り札,まさに伝家の宝刀なのである。民主主義の錦の御旗なのである。
なぜ9条護憲派のひとびとは,この錦の御旗を高々と掲げて,戦後60年憲法空洞化と解釈改憲の歴史やこの国のありようを,国民に問いかけていかないのだろうか。だが護憲派はその錦の御旗を持とうとせず,持っているのは逆に9条改憲派なのである。この構図は,長年権力の座にあった人びとが国民を「主権者」と扱おうとし,国民の側にあると自負してきた人びとが国民に不信を持ちその主権行使をさせまいとしている図なのである。
これは根本的にまずいのではあるまいか。まずい,まずいと思っているうち,この選挙は郵政民営化の国民投票だ,と絶叫して圧勝した小泉さんの姿を思い出した。
3時間はあっという間に過ぎた。パネリストも参加者もまだまだ言いたそうだった。
[PR]
by himenom | 2006-04-19 02:10

4月3日(月) 晴 第十堰のお茶会

きのうは第十堰の石畳でお茶会。
不思議なことだがここにいくと一週間は腹が立たず,
毎日にこにこといい気分で過ごせる。
いい温泉にはいるといつまでもほこほことして,
外界の寒さもかえって気持ちがいい,そうあんな感じなのである。
ぼくのお気に入りのイベントのひとつだ。
b0050788_23184224.jpg



b0050788_23193919.jpg
だが春のお天道様は気まぐれで,この日
ぽかぽか陽気から,一転して突風,そして雷雨になった。
参加者たちは大あわてで飛んでいきそうなテントにしがみつく。






b0050788_23205592.jpg

お茶会が終わる頃に雨はやんでまた春の青空になった。








この日の見所は,国交省の補修した青石の石畳。
できあがったばかりのほやほやである。
なにしろ青石の補修は30年ぶりの出来事だ。
b0050788_23504252.jpg


b0050788_2351219.jpgこれは補修というわけではないが,昭和40年代の三角ブロックの間にも青石が詰められている。
青石を小さく切って,両手で一つずつ並べていったのに違いない。
工事の情景が浮かんでくる。
第十堰に遊びにきたこどもたちがあぶなくないようにと並べていったやさしい心遣いが伝わってくる。
[PR]
by himenom | 2006-04-04 00:02

4月1日(土)曇  ギョドウと牛丼


「ギョドウ」・・「ギョドウ」
ぽかぽかの夜行バスの中,後ろの席の若者がぼそぼそとなにか話している。
適度のビールで夢うつつのぼくはふと我に返った。
「ギョドウ」・・「ヨシノガワ」・・
「ヨシノガワ」・・「ギョドウ」・・
「ヨシノガワのギョドウ」
ほう,吉野川の魚道の話か。奇特な若者がいるものだなあ。
そういえば今日は「川の学校スタッフ研修」の初日だったなあ。
振り返って声をかけようと思ったとき,
こんどははっきりと聞こえた。
「だから吉野家の牛丼はね」
かれらは延々と牛丼の話をしていたのだった。
「吉野川の魚道」ではなかったのだ。
ぼくは苦笑した。
牛丼ならぼくは「すき家」である。
この会社ゼンショーは,政府がアメリカの圧力に屈して牛肉の輸入を再開したときも,会社独自の調査チームをアメリカに派遣して,安全に問題あるので我が社は使わないと宣言した。気骨があるではないか。
マネーゲームの対極にあるこういう商売人のポリシーはうれしいものだ。
残念ながらこのお店,まだ徳島では見かけない。
[PR]
by himenom | 2006-04-02 01:43