9月21日(水)晴 後藤田正晴氏逝去


徳島を代表する政治家,後藤田正晴氏が亡くなった。享年91歳。
晩年は「平和主義者の政界ご意見番」として人気があったが,現役時代は「カミソリ後藤田」として政敵に恐れられた。その怖さは,権力中枢が持つ個人情報の駆使にあったという。

ある高名な経済学者が,後藤田氏の部屋に呼ばれた。用件は「やっかいな委員職を引き受けてくれ」というものだった。その先生は断ろうと思ったが,ふと目の前の机の上の一枚の紙が目に入った。紙には,自分の昨日1日のプライベートな行動がすべて書かれていた。      「ぞっとして,断れなかったよ」 先生は肩をすくめた。

13年前,可動堰問題が注目を集め出した頃,ぼくはロータリークラブとか,商工会などの勉強会に呼ばれることがよくあった。そこで徳島経済界の有力幹部が「第十堰問題を本気で取り組むならあなたのやり方はなまぬるい」とアドバイスをくれたことがあった。 「第十堰は『後藤田堰』といわれているのを知らないの」  「・・・」  つまり可動堰計画のバックには後藤田氏がいる。大変な利権だ。半端なことでは勝てないよ。と彼は言ったのだった。

ぼくは,当時の広中和歌子環境庁長官に,第十堰問題の陳情にいったときのことを思い出した。初めて議員会館に入り,徳島選出の国会議員全員にあいさつにまわったが,後藤田氏の事務所だけが異様な対応だった。秘書さんは一瞬迷った後,「うちは建設側なのでお引き取りください」とぴしゃり断ったのである。ぼくはそのあざやかさに,さすが後藤田氏と感心したものだった。

さらに5年前のことである。住民投票の後,公共事業の最高実力者亀井静香氏が「可動堰は中止」の方針を固めたとき,徳島県の推進派が必死の思いで頼みにしたのが後藤田氏だった。後藤田氏と亀井氏の間にどんな暗闘があったかわからない。だが,あれよあれよという間に,方針は「中止」から「白紙撤回」へ,さらに「撤回」が消えたのだった。

後藤田氏なきあと,その地盤は水野真紀の夫後藤田正純氏が引き継いだ。まだ30代の若さで吉野川のことなどほとんど知らない正純氏だが,いまなお「可動堰は必要」と言っているそうだ。この時代錯誤。この執拗さ。まさに「後藤田堰」というほかはない。

そうそう,もう一つ思い出した。
昔,筑紫哲也氏が「クリーンかダーティか,タカかハトか」という基準で,政治家の分類をしたことがあった。お金や利権にきれいかどうか,平和志向か武力志向か,という物差しをあてると,「クリーンだけどタカ」派と「ダーティなのにハト」派がけっこう多くて有権者は困ってしまう,というような話だったと思う。

そのとき筑紫氏が,後藤田氏の姿をどう思い浮かべていたのかは知らない。
だが,加藤氏,野中氏,橋本氏,亀井氏とハトたちがつぎつぎに表舞台からおりて,小泉タカと前原タカの新しい配役ができたときに,後藤田氏も逝った。「可動堰」もいよいよ舞台から消えるときである。
[PR]
by himenom | 2005-09-22 01:51
<< 9月22日(木)晴 来週は国交... 9月20日(火) 晴 河川整備... >>