9月7日(水)晴 備忘録その2

忘れないようブログ中断中の出来事を書いておく。備忘録の続きその2

6月11日 上野の野外音楽堂で恒例の野田知佑ハモニカライブ。吉野川東京の会主催。
懐かしい顔に出会う。吉野川みんなの会専従だった堤勝彦くんは環境分野の新しい研究活動に,中村敦夫さんの優秀な政策秘書だった田中信一郎くんは大学院で政策研究に,それぞれがんばっていた。

6月12日 サラ金問題の勉強で西日本クレサラ金被害者交流集会に参加した帰り,ふと
「南禅寺」に立ち寄った。御前会議風のテーブルを置いた「龍の間」という部屋があった。
部屋中すべてが緑色に染まっている。開け放たれた障子の向こうに裏山が間近にせまっていて,その木々の緑の光が部屋中を深い緑色に染めあげているのだ。
 コーンという添水(そうず)の音を聞きながら,気がついたら1時間ほど釘付けになっていた。

6月18~19日 第十堰北岸で第5期川の学校の開校。もう5年目になる。
リーダーは研磨業が本業の小畠清治さん。かれの川の学校への思い入れは半端ではない。こどもたちやスタッフからは「チチ」と呼ばれている。今年は現役の学校教師も特別研修スタッフとして来ている。「川とこどもの自由な関係」が教育現場でも広がってほしい。
 
 小畠さんから言いつけられたぼくの役割は釣り指導だ。釣りが初めてのこどもたちに見釣りでジンゾク(ヨシノボリのこと)を釣らせるのである。だれでもすぐ釣れる。300匹ほど釣れた。こどもたちは自分で釣った初獲物をその晩からあげにして食べる。「うまいうまい」と大人たちもほしがるので,こどもたちは鼻高々になるのである。

6月25日7月2,3日 京都精華大学の集中講義。今年は受講生が多い。
 200人あまり登録していますね,と教務課の話。講義のテーマは去年と同じ「市民運動」だ。3日間21時間がぼくの持ち時間である。長いようでけっこう短い。出欠確認も兼ねて毎時間感想文を出してもらう。時間を追って学生達の考えが変わっていくのがわかるので楽しい。

 さすがのぼくも吉野川の運動をこれだけぶっとおしで話すことはめったにない。
「この講義を聴くと必ず市民運動が好きになるからね」
 と最初に宣言するので,学生一人一人の反応を確かめながら,ぼくも真剣勝負である。
大事なのは自分をさらけだすことなので,50肩のリハビリのようにチクチク痛いときもあるが,終わると爽快な気分になれるのがまたいい。
[PR]
by himenom | 2005-09-07 20:11
<< 9月10日(土)曇 水槽のフナ... 9月6日(火)暴風雨  早明浦... >>